[今日の一言]~好きなビールランキング・・・・・・1位:ギネスビター  2位:ドラフト ギネス  3位:ボディトンズ  4位:ピルスナーウルケル  5位:パタゴニア ラガー~


by nya0000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ビール( 51 )

ビール紹介 第35回

モンブラン ブロンド
■アルコール分:5.8%
■原産国:フランス
<エール:上面発酵>
↑どんなエールタイプなのか判明できず・・・。
とりあえず上面発酵は間違いないのですが・・・。
b0003667_013138.jpg

低ミネラル水と、苦みが少なく香り豊かなホップ、そして大麦ピュアモルトから作られる100年の歴史を持った上面発酵ビール。シャンパンと同じ「瓶内2次発酵」で醸造されており、瓶底のイーストは高品質の証です。
門外不出のスパイス類のブレンドと、最適温度での長期熟成が比類の無い風味に仕上げているそうで、もしかしたら独自タイプなのかもしれません。ちゃんと公表してくださいぃ~(>_<)


「モンブラン・ブロンド」は、2003年、130年以上の歴史を持つ欧州最大の食品コンテスト「Concours General Agricole de Paris」の「上面発酵ビール部門」で銀賞 (金賞該当無し)を受賞し、審査対象250製品の頂点に立ちました。
フランスビールの「最高峰」 “モンブランビール”ヨーロッパアルプスの最高峰モンブラン(Mont Blanc、標高4807m)は、フランス側に位置しています。
そのモンブ ランの標高2074メートル地点にある源泉(Enchapleuzeと呼ばれる)から引いた水を使って作られるのがモンブランビールです。含まれるミネラル分の少なさはビール醸造に理想的で、非常に純粋なので醸造課程でビールの原材料の個性が十分に発揮されます。


~試飲~
講釈が長くなってしまいましたが、味はミネラル分が少ないということもあり、あっさりした味わいで飲み口よし。ちょっと薄いと思うかもしれないけど、これがまたいいと思う。
[PR]
by nya0000 | 2005-10-04 00:06 | ビール

ビール紹介 第34回

アンカー ポータービール
■アルコール分:5.6%
■原料:麦芽、ホップ、水。(アメリカ産)
<ポーター:上面発酵>
b0003667_23254611.jpg

~試飲~
色は真っ黒。濃厚な泡立ち(泡は長持ちはしない)と深いコクを感じる。
ポーターは一概にスタウトより軽いボディをしており、ローストアロマ、フレーバーを感じるものといっていい。
発祥国であるイギリスでは一時期、衰退していったが、現在ではファッショナルなスタイルとして復活を果たしています。アンカーポーターはアメリカでの伝統的黒ビールとして認知されています。
フルーティーなエステル香を感じ、カラメル、モルトの甘みを味わえるしっかりした飲み応えである。
[PR]
by nya0000 | 2005-10-03 23:41 | ビール

ビール紹介 第33回

アンカー リバティエール
■アルコール分:6%
■原料:麦芽、ホップ、水。(アメリカ産)
<ペールエール:上面発酵>
b0003667_1202227.jpg


世界中のビール評論家が「捜してでも飲む価値あり」と評するアンカー社の名品。アメリカン・ペールエールで、これを範にして造られるビールも多いと言われる。大きな醸造所ではなく、「小さなことはいいことだ」を実践していることでも有名。
熟成初期にアメリカ産のカスケードホップをタンクに投入(ドライホッピング)することで、マスカットのようなフレーバーと素晴らしくきめの細かい炭酸ガスを生み出しています。

~試飲~
銅色で実に個性的な味わい。
アメリカのビールはバドワイザーを代表とするライトボディが主流で、大きなビール会社が幅を利かせてるように感じますが、マイクロ・ブルワリー(地ビール会社)も多く存在しているのも確かです。
独特な香りに、ホップの苦味が効いていて、味の仕上がりはドライになっている。ミディアムボディでなかなかの飲み応えなり
[PR]
by nya0000 | 2005-09-01 01:38 | ビール

ビール紹介 第32回

ステラ アルトワ
■アルコール分:5,1%
■原料:麦芽、ホップ、水、コーン。(ベルギー産)
<ピルスナー:下面発酵>
b0003667_221913.jpg

~試飲~
現在約80カ国以上で愛飲されており、ベルギー国内でも売上ナンバーワンのプレミアムラガービールである。副原料にコーンが入ってるのがアサヒスーパードライに近いドライでキレ重視のビールに仕上げている。ホップの苦味も効いていて、ライトボディなのでゴクゴク飲める部類に入る。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-31 02:08 | ビール

ビール紹介 第31回

パタゴニア ラガー
■アルコール分:4,5%
■原料:麦芽、ホップ、水。(チリ産)
<ラガー:下面発酵>
b0003667_1451080.jpg

~試飲~
世界トップクラスの「超軟水」を使用したビールは、ミネラル含有量が少なく、 あっさりとしていて飲み口はやわらかい。苦味も少なく、飲みやすさは随一。個人的にはけっこう好きな味である。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-31 01:58 | ビール

ビール紹介 第30回

クアーズ
■アルコール分:5%
■原料:麦芽、ホップ、水、米。(中国産)
<ピルスナー:下面発酵>
b0003667_1255333.jpg

~試飲~
クアーズはそもそもアメリカのビール会社の製品である。なんたってアメリカにおいてトップ3に入るビールメーカーですから中国で生産しててもおかしくはないってな話です。
というわけで今回、自分が飲んだのは中国産クアーズです。
やわらかい香りに、苦味がなく、後味甘みを感じる爽やかでクリアな飲みやすさ。まさに一気飲みに適しているビールと言えます。普段ビールを飲まない女性には丁度いいかもしれないが、男性には物足りなさは残るかも。個人的にはオススメしたいビールである。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-31 01:37 | ビール

ビール紹介 第29回

セントアンドリュース
■アルコール分:4,6%
■原料:麦芽、ホップ、水、。(イギリス産)
<エール:上面発酵>
b0003667_1104190.jpg

~試飲~
ゴルフ発祥の地でもあり、全ゴルファーあこがれのコースのクラブハウスで売られている唯一のビール。。。。
だからどうした!?と言われると何にも返す言葉がありませんが、色は濃茶で、苦味ほどほどのバランス型。ただアルコール度数が低いのにアルコールフレーバーが色濃く感じるのが不思議である。総じて、普通の評価である。。。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-31 01:16 | ビール

ビール紹介 第28回

ホブゴブリン
■アルコール分:5、5%
■原料:麦芽、チョコレートモルト、ホップ、水、。(イギリス産)
<ストロングエール:上面発酵>
b0003667_0592834.jpg

~試飲~
1997年ロンドン国際食品展にて金賞を獲得したこのホブゴブリンは、何世紀にも渡る伝統的な醸造法を英国ウィットニーで踏襲しているウィッチウッド醸造所のメインエール。ペールモルトに極少量のチョコレートモルトをブレンドして醸造されておりそのボディは美しい赤褐色に輝いています。
ウィッチウッドのエールはウィンドラッシュ川の天然水、イングリッシュ・モルト、ホップ、そしてイーストを原料として製造されており添加物は無使用。ゴブリンの柄のラベルを部屋に飾っていても少しオシャレかなって思える感じです。

実際に飲んでみたところ、味は苦味とほんのりとした甘さが混在しており飲み口も良い。ボディも案外しっかりしていて、飲み応えもあります。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-31 01:04 | ビール

ビール紹介 特別編6

アサヒ 富士山
■アルコール分:5、5%
■原料:麦芽、ホップ、水。(日本産)
<ピルスナー:下面発酵>
b0003667_028973.gif

~試飲~
エビスと同じ値段のプレミアムビール。詳しい説明はアサヒのHPへどうぞ。
飲んでみたところ、苦味が効いていながら、ほんのりとしたコク深い甘さも感じる。全体的にはキレがあるノド越しでした。でも特別美味いという感じでもなく、同じ値段ならエビスを選ぶなぁ・・・っていう微妙な判定です。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-31 00:36 | ビール

ビール紹介 第27回

ギロチン
■アルコール分:9%
■原料:麦芽、ホップ、水。(ベルギー産)
<トリプルエール:上面発酵>
b0003667_018445.jpg

~試飲~
名前の由来はギロチンの考案者でもある有名なフランスの医者ギロチン氏からだそうです。。。
ギロチンのイメージ通り血を思わせるような少し赤褐色のフルボディタイプ
麦の甘さを感じ、苦味は少なく若干酸味が強く感じる。アルコールフレーバーがしっかり感じるので、普段から焼酎とかを飲む人にはオススメかも。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-31 00:22 | ビール