[今日の一言]~好きなビールランキング・・・・・・1位:ギネスビター  2位:ドラフト ギネス  3位:ボディトンズ  4位:ピルスナーウルケル  5位:パタゴニア ラガー~


by nya0000
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ビール( 51 )

ビール紹介 第18回

ヒナノ
■アルコール分:4,9%
■原料:麦芽、ホップ、水。(フランス産)
<ピルスナー:下面発酵>
b0003667_1145012.jpg

~試飲~
「地上最後の楽園」タヒチから直行便でやってきたすっきりとした味わいが特徴のパラダイスビールです。ヒナノとは「可愛い女の娘」の意味です。ある女性タレントの名前もこのビールから付けられたとか...。
そんなことはともかくヒナノはフランス領 タヒチ島で生産されているビールです。シャープでキレのある味わいと引き絞った苦味はおそらくピルスナータイプの特徴を出しており、すっきりした感じで飲みやすいです。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-06 01:19 | ビール

ビール紹介 第17回

ピルスナーウルケル
■アルコール分:4,1%
■原料:麦芽、ホップ、水。(チェコ産)
<ピルスナー:下面発酵>
b0003667_059533.gif

~試飲~
世界で最も飲まれているであろうビールスタイルの主流となったピルスナータイプビールの原点。1842年チェコ共和国のピルゼンで生まれたピルスナーウルケルは、誕生から一世紀にわたって今も当時の伝統的製法を守っている。ボヘミア大麦からとれる高品質の麦芽、香り高いザーツ産ホップ天然軟水を贅沢に使用。ピルスナーの本家本元ここにあり!!ホップ特有の苦みが効いていながら、まろやかなコクの中がある。ぐいぐい飲める美味さあり☆

ちなみにピルスナーはラガーの一種で、日本のビールの大半がこのタイプを採用しています。そしてラガータイプの特徴はそのキレのある苦味にあると言えます。
ウルケルを飲むと、かなりしっかりとした苦味が一気にやって来て、そしてすぐに引いて行きます。さらに苦味が引いていく代わりに今度は甘味、旨みが広がります。改めて飲みなれた本家のピルスナーを味わうとエールとは違った発見がありよかったです。ぜひお試しあれ!!
[PR]
by nya0000 | 2005-08-06 01:02 | ビール

ビール紹介 特別編3

キリン まろやか酵母
■アルコール分:5%
■原料:麦芽、ホップ、水。(日本産)
<エール:上面発酵>
b0003667_051015.jpg

~試飲~
色は濁った黄金色で、酵母が生きてるなっていう感じ。とはいえ、他のチルドビールと同じく、キレのあるノド越しである。もちろん上品な香りもあり、飲みやすく受け入れやすい。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-06 00:55 | ビール

ビール紹介 特別編2

キリン ホワイトエール
■アルコール分:5%
■原料:麦芽、ホップ、水。(日本産)
<ホワイトエール:上面発酵>
b0003667_0214289.jpg

~試飲~
ホワイトエールならではのエステル香は豊潤よりも充実しており、味わいもまろやか。炭酸が強く、シャープなノド越しはやはりラガータイプに近い。。。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-03 00:26 | ビール

ビール紹介 特別編1

輸入ビールまたは地ビールを中心に紹介をしているので、今回のキリンのチルドビールは特別編として紹介させていただきます。

キリン 豊潤
■アルコール分:5、5%
■原料:麦芽、ホップ、水。(日本産)
<エール:上面発酵>
b0003667_0384.jpg

~試飲~
一般的に多くの日本のビールが下面発酵でつくられるラガースタイルであるのに対し、あえて上面発酵にこだわったビール。そして、ろ過をしまくって酵母がほとんど入っていない生ビールに対して、生きた酵母を瓶詰めした無ろ過ビールなので要冷蔵商品となっています。
上面発酵ならではのフルーティーな香りがほんのりとしているが、味わいはラガータイプに近いキレのあるノド越し
[PR]
by nya0000 | 2005-08-03 00:11 | ビール

ビール紹介 第16回

ギネス エクストラスタウト
■アルコール分:6%
■原料:麦芽、ホップ、イースト、水。(イギリス産)
<スタウト:上面発酵>
b0003667_23472775.jpg

~試飲~
ドラフト ギネスは非常にキメ細かい泡が特徴であったが、このエクストラスタウトは泡は普通で長持ちはしない。その分、泡を介せずに飲めるため一層スタウト独特のローストされた香りに、苦味が際立ったコクのある味わいを感じることができる。アルコール分もドラフトよりも高いので、別商品と認識した方が正しいでしょう。
[PR]
by nya0000 | 2005-08-02 23:52 | ビール

ビール紹介 第15回

シメイ レッド
■アルコール分:7%
■原料:麦芽、ホップ、水。(ベルギー産)
<トラピスト:?>
b0003667_2331446.jpg

~試飲~
シメイ・トラピストの中でも最も歴史が古く、シメイの元祖と言われている。
色は赤みがかった茶色で、おそらく上面発酵タイプと思われる。修道院ビールはトラピスト会の修道院で作られたビールの総称で、スタイル名ではないので同じトラピストビールでも味は全然違うものとなる。ちなみにトラピストを名乗れるのはシメイ、オルバル、ロシュホール、ウェストマール、ウェストフレテレン、アヘルの6つだけである。
完成された熟成された味と深いコクは実に美味い!! シメイブルーの時はがっくし来たが、レッドはビールの王道をいった味わいである。ややデュベルに近い感じもする。飲む価値あり☆
[PR]
by nya0000 | 2005-08-02 23:42 | ビール

ビール紹介 第14回

有機農法ビール
■アルコール分:5%
■原料:有機麦芽、有機ホップ、水。(日本産)
<?:?>
b0003667_16475437.jpg

~試飲~
昔は実際に輸入していたが、現在は日本ビール株式会社という輸入ビールに強い会社が実際に日本で醸造しているビール。
泡立ちは少なく、色は案外濃い。香りに華やかさはなく、重々としている。味的にはピルスナータイプな気もするが、缶には記載されていないので不明。。。
雑味の少ないスマートな喉ごしではあるが、苦味は少し強いかも。

ちなみに昔の有機農法ビールはアメリカから輸入していたもので、今のものよりも昔のほうが美味しいという噂もある。。。強みを活かして輸入に専念してもらいたいものだ。
[PR]
by nya0000 | 2005-07-31 17:03 | ビール

ビール紹介 第13回

ベルビュー フランボワーズ
■アルコール分:5.2%
■原料:麦芽、ホップ、木苺、水。(ベルギー産)
<ランビック:自然発酵>
b0003667_0273114.jpg

~試飲~
熟成4ヶ月ほどのランビックに木苺を6週間~9ヶ月間漬け込み、フィルターろ過した後瓶詰しコルク栓をしたビールである。コルク栓をしているビールは酵母が生きており、同一商品でもコルク栓があるのとないのでは多少味わいが変わってくるのが特徴。
特に最近はベルギービールが人気だが、そのなかでも代表的なのがランビックである。普通は人工的に酵母を入れるのだが、ランビックは醸造所内にいる野生の酵母を取り込んで自然に発酵させる手法をとっている。そして、発芽させていない小麦を30%以上使用し、長期保存をするためにホップを通常の6倍近くいれる(ホップは殺菌力が強く、保存料として最適なため)。

グラスに注いでみると淡いピンク色とシャンパンのような泡立ち。ランビックは低炭酸が特徴でもあり、口当たりの良い甘さが魅力的。木苺を使っているため、香りは非常に甘く、まるでアルコールが入っているようには感じない。
キレのある苦味、炭酸がビールの醍醐味と感じている方にはオススメしない。ワインのように食事に合わせて飲むと一段と楽しむことができるでしょう。

~追記(情報)~
ベルギービールは、常温(約15℃)で保存(コルク栓タイプのものは横に寝かせた状態)しておけば、酵母菌の働きで熟成が進み、芳香なまろやかな味わいが楽しめます。賞味温度は、ビールのタイプや銘柄、また、季節や好みによって様々です。
アルコール度数の低めのもの、ホワイト・ビール ランビック・ビールなどは、冷たく冷やした方が良い。
アルコール度数の高めのもの、トラピスト・ビール ダークなビールは、やや冷たい程度(冬場なら15℃ 夏場なら約7~8℃)で、ゆっくり楽しんで頂くのがおすすめです。

[PR]
by nya0000 | 2005-07-30 00:57 | ビール

ビール紹介 第12回

ボディトンズ
■アルコール分:4.7%
■原料:麦芽、ホップ、砂糖、イースト、水。(イギリス産)
<ペールエール:上面発酵>
b0003667_23483351.jpg

~試飲~
淡い褐色で、クリーミーな泡を備えています。
エールとは「淡い」という意味ですが、案外濃い色をしてるかも・・・。
クリーミーな泡はドラフト・ギネスが採用している窒素ボールが中にあり、開封すると窒素が出てきて泡を生み出す仕組み(ドラフトフローシステムというらしい)。おかげで時間がたってもなかなか消えないキメ細かい泡(だいたい10~15分くらいは泡が平気で持ちます)が出来上がるわけです。

ほんのりと甘いフルーティな香りがするのはエールならでは。
苦味も少なく、全体的に軽い味わいなので、グイグイ飲めます。
ギネス ビターが好きな自分にとっては、それよりもさらに飲みやすくなったという感じでオススメです!
[PR]
by nya0000 | 2005-07-27 00:01 | ビール