[今日の一言]~好きなビールランキング・・・・・・1位:ギネスビター  2位:ドラフト ギネス  3位:ボディトンズ  4位:ピルスナーウルケル  5位:パタゴニア ラガー~


by nya0000
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ビール紹介 第14回

有機農法ビール
■アルコール分:5%
■原料:有機麦芽、有機ホップ、水。(日本産)
<?:?>
b0003667_16475437.jpg

~試飲~
昔は実際に輸入していたが、現在は日本ビール株式会社という輸入ビールに強い会社が実際に日本で醸造しているビール。
泡立ちは少なく、色は案外濃い。香りに華やかさはなく、重々としている。味的にはピルスナータイプな気もするが、缶には記載されていないので不明。。。
雑味の少ないスマートな喉ごしではあるが、苦味は少し強いかも。

ちなみに昔の有機農法ビールはアメリカから輸入していたもので、今のものよりも昔のほうが美味しいという噂もある。。。強みを活かして輸入に専念してもらいたいものだ。
[PR]
by nya0000 | 2005-07-31 17:03 | ビール

ビール紹介 第13回

ベルビュー フランボワーズ
■アルコール分:5.2%
■原料:麦芽、ホップ、木苺、水。(ベルギー産)
<ランビック:自然発酵>
b0003667_0273114.jpg

~試飲~
熟成4ヶ月ほどのランビックに木苺を6週間~9ヶ月間漬け込み、フィルターろ過した後瓶詰しコルク栓をしたビールである。コルク栓をしているビールは酵母が生きており、同一商品でもコルク栓があるのとないのでは多少味わいが変わってくるのが特徴。
特に最近はベルギービールが人気だが、そのなかでも代表的なのがランビックである。普通は人工的に酵母を入れるのだが、ランビックは醸造所内にいる野生の酵母を取り込んで自然に発酵させる手法をとっている。そして、発芽させていない小麦を30%以上使用し、長期保存をするためにホップを通常の6倍近くいれる(ホップは殺菌力が強く、保存料として最適なため)。

グラスに注いでみると淡いピンク色とシャンパンのような泡立ち。ランビックは低炭酸が特徴でもあり、口当たりの良い甘さが魅力的。木苺を使っているため、香りは非常に甘く、まるでアルコールが入っているようには感じない。
キレのある苦味、炭酸がビールの醍醐味と感じている方にはオススメしない。ワインのように食事に合わせて飲むと一段と楽しむことができるでしょう。

~追記(情報)~
ベルギービールは、常温(約15℃)で保存(コルク栓タイプのものは横に寝かせた状態)しておけば、酵母菌の働きで熟成が進み、芳香なまろやかな味わいが楽しめます。賞味温度は、ビールのタイプや銘柄、また、季節や好みによって様々です。
アルコール度数の低めのもの、ホワイト・ビール ランビック・ビールなどは、冷たく冷やした方が良い。
アルコール度数の高めのもの、トラピスト・ビール ダークなビールは、やや冷たい程度(冬場なら15℃ 夏場なら約7~8℃)で、ゆっくり楽しんで頂くのがおすすめです。

[PR]
by nya0000 | 2005-07-30 00:57 | ビール

ビール紹介 第12回

ボディトンズ
■アルコール分:4.7%
■原料:麦芽、ホップ、砂糖、イースト、水。(イギリス産)
<ペールエール:上面発酵>
b0003667_23483351.jpg

~試飲~
淡い褐色で、クリーミーな泡を備えています。
エールとは「淡い」という意味ですが、案外濃い色をしてるかも・・・。
クリーミーな泡はドラフト・ギネスが採用している窒素ボールが中にあり、開封すると窒素が出てきて泡を生み出す仕組み(ドラフトフローシステムというらしい)。おかげで時間がたってもなかなか消えないキメ細かい泡(だいたい10~15分くらいは泡が平気で持ちます)が出来上がるわけです。

ほんのりと甘いフルーティな香りがするのはエールならでは。
苦味も少なく、全体的に軽い味わいなので、グイグイ飲めます。
ギネス ビターが好きな自分にとっては、それよりもさらに飲みやすくなったという感じでオススメです!
[PR]
by nya0000 | 2005-07-27 00:01 | ビール

ちょこっと知識。

オランダビールは、 日本でオランダ商船の使節団が江戸に入府した時にビールを献上したのがオランダビールで日本で最初に飲まれたビールだそうです。

オランダの立地条件はドイツ・ベルギーに隣接しているせいか色々と影響を受けているようです。ベルギーの修道院ビール。ドイツの下面発酵のものなどが造られています。

ビールには大きく分けて2種類あり、アルコール度低め(5%未満)を冷蔵庫で冷やして飲むビール、アルコール度高め(12%程度)を室温で飲むビール、この他、夏には白ビールも飲まれ室温ビールと白ビール、この2つはオランダ産というよりはベルギービールが多く飲まれているそうで、、、。
冷蔵庫ビールはオランダビールがほとんどだそうで。


どこぞのHPから無断転載しました。ごめんなさいm(_ _)m
[PR]
by nya0000 | 2005-07-25 03:28 | 日記

ビール紹介 第11回

シメイ ブルー
■アルコール分:9%
■原料:麦芽、ホップ、水。(ベルギー産)
<トラピスト:上面発酵>
b0003667_312887.jpg

~試飲~
ラベルにビンテージ入りの濃ルビーの色のこのビールはハーブの芳香のバランスが、ビール評論家達から「世界最高級品」と絶賛されていますと言われる一品。修道院で造られていることからトラピスト系として区別されています。
たしかに匂いはまるでバラかフルーツみたいな甘い香りがしていながら、味はしっかりとした重量感であふれている。ラベルには長々とした説明文が書いてあり、ウンザリもするがこの手のビールが好きな方にはいいのかも。ただ自分には肌に合わず、初めて飲みきれませんでした。。。
試飲後1時間してもアロマが消えないのはいかがなものだろうか。。。シメイは他にもレッド・ホワイトもあるのでそちらに期待したい。
[PR]
by nya0000 | 2005-07-25 03:25 | ビール

ビール紹介 第10回

グロールシュ(金賞受賞)
■アルコール分:5%
■原料:麦芽、ホップ、水。(オランダ産)
<ピルスナー:下面発酵>
b0003667_2583699.jpg

~試飲~
世界ビールコンテストで金賞を受賞したこともあるビール。
このビールはキレとコクがあり、清涼感あふれている。ググっと飲めるピルスナータイプの醍醐味を味わうことができ、自分的にけっこう好きな味♪ 常温で飲むエールよりも冷やして飲むラガーが好きな自分にとってはこのスッキリ感がたまらないのです。美味し!!
[PR]
by nya0000 | 2005-07-25 03:07 | ビール

ビール紹介 第9回

レーベンブロイ(白ラベル):アルコール分:5%。原料、麦芽、ホップ、水。(ドイツ産)
<ピルスナー:下面発酵>
b0003667_2352133.gif

~試飲~
本場ドイツ生まれのビールであるレーベンブロイ。このライオン柄は見たことのある人もけっこういるのではないでしょうか??なぜなら、この商品は現在、アサヒビールが海外ブランドの一環としてライセンス生産している商品ですから当然かもしれませんが、それ以上に全世界で支持されている世界的なブランドでもあるのです。
試飲してみて思ったのは、非常に飲みやすくスッキリした味わいだということ。そして、ピルスナーなので日本製ビールとも非常に近いです。やっぱ、ビールはラガー(下面発酵)という方にはオススメです。
[PR]
by nya0000 | 2005-07-25 02:49 | ビール

日本酒紹介 第4回

梅乃宿 ファンタジー(発泡日本酒)
■日本酒度:-40
■酸度:4.5
■精米歩合:?
■原料米:?
■アルコール度:6.5
■アミノ酸:1.0
b0003667_124324.jpg

~試飲~
成城石井で購入。会社近くから持って帰ったためでしょう・・・。家に帰って封を取った瞬間「ぶああああぁぁぁぁぁ」っとこぼれてしまいました。さすが発泡日本酒!!でも、おかげでテーブルを拭き、出鼻を挫かれた感じに。。。

それはともかく試飲結果ですが、味は非常に甘いです。通常、日本酒度が-になればなるほど甘くなるといえます。酸度とかの兼ね合いでおおまかにしか言えませんが。。。 匂いは日本酒のほのかな香りがするものの味わいはシャンパンに近いものとなってます。または日本酒系リキュールといった感じかな。女性には人気みたいですが、飲兵衛な人には軽すぎてダメかも。とはいえ、一度は飲んでみるといいでしょうね。
[PR]
by nya0000 | 2005-07-22 01:17 | 日本酒

日本酒紹介 第3回

まんさくの花 純米吟醸
■日本酒度:+1
■酸度:1.2
■精米歩合:45~50%
■原料米:美山錦
■アルコール度:15~16
b0003667_024466.jpg

~試飲~
あっさりした味わいで、飲みやすい。でも、少しコクが少なく感じるのでちょっと物足りないかも。。。とはいえ、フルーティでやわらかな味はこれはこれでいい感じ。
[PR]
by nya0000 | 2005-07-21 00:07 | 日本酒

ビール紹介 第8回

ハイネケン:アルコール分:5%。原料、麦芽、ホップ、水。(オランダ産)
<ピルスナー:下面発酵>
b0003667_2153030.gif

~試飲~
超有名ビールのハイネケン。。。今更、紹介しても飲んだことのある人が数多くいると思うので、意味はあまりないかもしれませんが・・・。
香り・味共に日本のビールと大差はないと実感。それもそのはず、日本のビールはハイネケンと同じピルスナータイプが主流だからでしょう。とはいえ、大手のピルスナーと変わりないが、ホップ、モルトともに軽快で、炭酸も穏やかで非常にクリアな鮮度感が味わえる一品。苦味も抑えて仕上げてあり、非常に受け入れやすいビールです。

~追記~
誰もが知っている、グリーンのボトルでおなじみのハイネケン。世界170カ国で飲まれているというから驚きである。そういえば、タイ旅行に行ったときもハイネケンが置いてあったなぁ。。。
昔はキリンビールによるライセンス生産だったみたいですが、現在はオランダから直輸入しているとのこと。仕切ってるのはハイネケンジャパンなり。

ハイネケンジャパン:http://www.heineken.co.jp/web/

~追記2~
日本のビールとはオランダ語のBierをカナ読みして始まったらしいです。
[PR]
by nya0000 | 2005-07-16 02:34 | ビール